ココマイスターは伊勢丹などの百貨店で購入する事ができるのか?

詳細はこちらから

↓↓↓↓↓↓

ココマイスター 伊勢丹

ココマイスターは伊勢丹で購入できるのか?

 ココマイスターの商品はプレゼント用としても人気が高い皮革製品です。そこで、売上高と客数が世界一と言われる伊勢丹新宿店にもココマイスターの商品はあるのか、調べてみました。

 

 すると、残念ながらココマイスターは伊勢丹では取扱いが無い事が分かりました。そもそもココマイスターは伊勢丹だけでなく、百貨店やデパートには一切卸していませんでした。

 

 ではココマイスターの商品はどこで買えるのか?というと、2017年9月現在、ココマイスター銀座並木通り店、銀座1丁目店、自由が丘店、名古屋店、大阪心斎橋店、神戸店の全国でも6店舗のみとなっています。

 

伊勢丹オンラインストアでは買えるのか?

 そこで、「伊勢丹の実店舗には無くても、伊勢丹オンラインにならあるかも?」と探してみましたが、結果から言うと伊勢丹オンラインストアにもココマイスターの商品はありませんでした。

 

 言うまでもなく伊勢丹は一流百貨店ですので、数々の高級で上質な商品が取り揃えてあります。それは伊勢丹オンラインストアでも同様で、ココマイスターのように上等な本革を使用した小物も数種類ありました。

 

 例えば、イタリア産の牛革を使用したスマイソン、フェリージの小物、イギリスのブライドルレザーを使用したホワイトコックス、イギリスの牛革を使用したエッティンガー等があり、価格帯もココマイスターと似ています。

 

生産数に限界が?

 では何故、ココマイスターは伊勢丹のような百貨店では取り扱われていないのか?について探ってみました。

 

 すると、まず1番のネックになるのがその生産数にありました。ココマイスターはヨーロッパの希少な馬や牛の本革を輸入し、日本で熟練の職人が手作業で作る事にこだわっています。

 

 希少な本革を輸入するだけでも安定した量を年中確保するのは至難の業です。また、100人程居るとは言え、ココマイスターの熟練の職人が手作業をして作り出せる数には限界があります。

 

販売価格が倍に?

 そして2つ目に問題となるのが、販売価格です。伊勢丹などの百貨店に商品を卸すとすると、売り上げの50%程を手数料として納めなければなりません。すると、販売価格を現在の倍くらいにしないと成り立たなくなってしまうのです。

 

 ココマイスターは希少な本革をヨーロッパから輸入し、熟練の職人が手作業で作るという時点で原価がかなり高くなっています。これでさらに倍の販売価格になると、一流ブランド商品や、それ以上のお値段になってしまいます。

 

 ココマイスターは原価が高いからこそ、余計なコストを省いた直販にこだわっているという事が分かりました。

 

接客へのこだわり

 そして3つ目に問題となるのは接客です。

 

伊勢丹は歴史ある一流の百貨店ですので、もちろん接客力も高いとは思います。しかし、ココマイスターも接客にはかなり力を入れているのです。

 

 ココマイスターには数々の商品ラインナップがあり、本革の種類も多数あります。本革はメンテナンスや取扱い方法が難しい物も多く、豊富な知識が必要になる為、接客は商品に精通した正社員のみ、としているのです。

 

 これはココマイスターが直営店を全国に6店舗しか無いからこそこだわれる点であり、伊勢丹などの百貨店に卸してしまうと実現できません。

 

 ココマイスターの直営店や公式サイトでも、人気の商品は製造中の商品が多く、2〜3か月待つこともあるくらいなのです。

 

ココマイスターと伊勢丹

 以上のようにココマイスターは2017年9月現在、伊勢丹での取扱はありませんし、今後の予定もありません。

 

 しかし、ココマイスターが伊勢丹に商品を置けるとすると、上記のようなココマイスターのこだわりが保たれない、つまりは品質が落ちるという事に繋がりかねません。

 

 そう考えると、ココマイスターの商品が伊勢丹で購入できなくて良かったと言えるのかもしれませんね。