ココマイスターは栃木レザーを使用しているか?

詳細はこちらから

↓↓↓↓↓↓

ココマイスター 栃木レザー

ココマイスターは栃木レザーを使用している?

 

 ココマイスターと言えば、メイドインジャパンの皮革製品のブランドです。では、国内のタンナーとして有名な栃木レザーを使用した商品はあるのでしょうか?

 

 実は、ココマイスターはメイドインジャパンと言っても、純国産ではなく、イタリアやドイツ、イギリス等の名門のタンナーから本革を輸入し、それを日本の熟練職人が国内で手作業で作り上げているのです。

 

国内にも純国産の皮を使用したタンナーがあり、有名な所では、姫路、東京、和歌山などのタンナーがありますが、ココマイスターでは欧州の本革しか使用していません。

 

 一方、栃木レザーは北米からステアという生後2年以上経ったオスの牛からとれる原皮を輸入し、それを国内で鞣しています。

 

ココマイスターVS栃木レザーを使用した商品

 

 栃木レザーは鞣し業のみを行っており、ココマイスターのように、革製品の製作、販売は行っていません。

 

 栃木レザーを使用した商品を探してみると、各販売店にもよりますが、長財布だと大体1万円台で購入できるようです。ココマイスターの商品と比べると、かなりリーズナブルですよね。

 

 やはり、ココマイスターが使用している欧州の本革は、伝統の年月が栃木レザーとでは比較になりませんし、輸入した本革を自社の熟練職人によって手作業で作り、販売まで直営で行っているという点に価格の差が出るのでしょう。

 

ココマイスターの栃木レザーシリーズ!?

 

 しかし、ココマイスターも栃木レザーも形は違えども、そのこだわりにかけては両社とも引けを取りません。

 

 ココマイスターには既に十数種類のシリーズがありますが、栃木レザーとのコラボ商品があったら見てみたいとは思いませんか?

 

 原皮は輸入品ですが、国内で鞣して国内で製造、販売を行えたら究極の商品ができそうな気がします。

 

 是非いつの日かそんなコラボ商品ができたらいいと願わんばかりです。