ココマイスターとホワイトハウスコックスを比較してみると?

詳細はこちらから

↓↓↓↓↓↓

ココマイスター ホワイトハウスコックス比較

ココマイスターのホワイトハウスコックスの比較

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスは本革の製品を製造しているブランド名です。イギリスで1000年以上の歴史がある、希少な馬や牛の本革を使用している事に大きな特徴があります。

 

 ココマイスターとホワイトハウスコックスは価格帯が同じため、よく比較されていますが、細かく比較していくと、色々な点で違いが見えてきます。

 

 では、ココマイスターとホワイトハウスコックスを様々な角度から比較してみましょう。

 

ココマイスターとは?

 ココマイスターは南青山に本社のある株式会社ルアンジュという企業が運営しており、その設立は2009年です。また、ココマイスターのブランドが誕生したのが2011年で、まだ新鋭のブランドなのです。

 

 ココマイスターのコンセプトはヨーロッパの伝統的な革と、日本の熟練の職人の最高のコラボといったところです。本革の品質と、日本製、職人技にこだわっています。

 

 そしてまだ歴史は浅いながらも売上高は約4年で10倍程、と伸びており、爆発的な人気になっています。ココマイスターの人気商品は入荷すると即完売してしまい、入手困難なものもあるのです。

 

ホワイトハウスコックスとは?

 

ホワイトハウスコックスの歴史はココマイスターと比較しても比較しようが無いほど圧倒的に古いです。イギリスで1875年に皮革製品ブランドとして創業されました。

 

 ホワイトハウスコックスは創業当時は主に馬具やイギリスの軍用製品を製造していましたが、1930年代にはペット用の首輪、カフスボタンやバッグを製造するようになりました。

 

 そして1970年代辺りから海外に進出するようになり、現在では鞄や財布などをメインに製造するブランドに成長しました。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:価格

 では、ココマイスターとホワイトハウスコックスの両ブランドを具体的に比較していこうかと思います。

 

 まずは価格についての比較です。現在の両ブランドの代表的な商品である財布に関して比較すると、ココマイスター2万円〜12万円程で、ホワイトハウスコックスは2万円〜6万円程です。

 

 しかし、ココマイスターの高額な商品はごく一部で、ほとんどが2万円〜7万円程ですので、ホワイトハウスコックスと比較してもほぼ同じだと分かります。

 

 非常に高品質な本革を使用してこの価格帯ですので、両ブランドともにプレゼント用によく選ばれています。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:素材

 次に、2つ目の比較としてその素材をみてみます。

 

 

まず、ホワイトハウスコックスが主に使用しているのはイングリッシュブライドルレザーです。このイングリッシュブライドルレザーとは、非常に長い期間を丁寧に作られた丈夫な革です。

 

 それと比較してココマイスターが使用している革の中でも人気の高いのが、税国発祥の名門ブランドであるシェルコードバンや、ブライドルレザーです。

 

 このようにココマイスターとホワイトハウスコックスを比較してみると、価格帯も、使用している素材も共通点が多い事が分かります。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:カラー

 次に、3つ目の比較としてそのカラーのバリエーションをみてみます。

 

 まずココマイスターに関してはシリーズによっては7色程の展開があり、レッドやモスグリーン等の個性的な色もあります。

 

 それと比較してホワイトハウスコックスはやはり6色程度の展開で、ココマイスターと似ています。

 

 ただし、ホワイトハウスコックスはセレクトショップの取扱いが多いのですが、セレクトショップがホワイトコックスに掛け合って作った限定モデルがあります。

 

そういった限定モデルはホワイトコックスオリジナル商品のカラーには無いような非常にビビッドなカラーがあります。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:販売店

 次に、4つ目の比較としてその販売店をみてみます。

 

 

まずココマイスターに関しては、直営店にこだわっており、実店舗は2017年8月現在で全国に6店舗となっています。ネット通販はココマイスター公式サイト及び楽天のココマイスター直営店のみです。

 

 そしてそれと比較してホワイトハウスコックスには直営店がありません。日本での販売は全て代理店が行っています。

 

 販売は代理店のオンラインショップと、伊勢丹、UNITED ARROWS、ビームス、GLOBER等のオンラインショップと全国のセレクトショップです。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:代表的な商品

 次に、5つ目の比較としてそれぞれの代表的な商品についてみてみます。

 

 まずココマイスターの代表的な商品と言えば言わずと知れた長財布です。そのシリーズは使用する革の種類や組み合わせによって10種類もあります。

 

 そしてこれと比較してホワイトハウスコックスの代表的商品は長財布でもあるのですが、意外と隠れた人気商品が三つ折り財布です。

 

 ホワイトハウスコックスの三つ折り財布は可愛らしいデザインで、男性のみならず女性にも人気があります。また、三つ折り財布は他にはあまり無い商品ですのでホワイトハウスコックスの代表的な商品とも言えるでしょう。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスの比較:縫製

 次に、6つ目の比較として縫製の質についてみてみます。

 

 ホワイトコックスはもちろん海外で製造されています。

 

その発祥が馬具や軍用製品であったからかどうかは分かりませんが、口コミではよく「ホワイトハウスコックスは縫製が甘い」と言われています。頑丈に作られているとは言いますが、意外とほつれがあったり、接着が雑だったりするようです。

 

 それと比較するとココマイスターは安心の国内製造です。しかも国内の熟練の職人が手作業で作り上げていますので、縫製の質に関してはココマイスターの方が信頼できますよね。

 

 しかし、ココマイスターの縫製には、職人の手作業だからこそ出来にムラが生じやすいというデメリットもあるようです。

 

ココマイスターとホワイトハウスコックスを比較してみて

 以上のように、ココマイスターとホワイトハウスコックスは価格帯や使用している革という点では共通点がありましたが、その他の点では違いが見られました。

 

 しかし購入を考える際に意外と重要になるのは質だけではなく、アフターフォローも大切です。

 

 ココマイスターは直営店のみですし、会員になれば永年保証が受けられるなどサポートは万全ですが、それと比較するとホワイトハウスコックスは全て代理店が販売しているという時点でアフターフォローはあまり期待できません。

 

 そういった面も踏まえて、両ブランドをよく比較し、選んでみて下さい。